トップページ   >>  ひだまりのこだわり  >>  現場キレイ宣言

EOF; ?>

現場キレイ宣言

ぎふで一番キレイな現場を目指す!

現場は汚くて当たり前。掃除は帰る時にやればいい。これが、建築業界の常識でした。そこに疑問を感じたのは5年ほど前。現場が汚かったら傷も付くし、職人たちだって危ない。そこから始まった現場キレイ活動。現場キレイマニュアルを作成し、常に現場の美化に努めます。2013年からは毎月1回の現場改善パトロールを職人たちと行い、2014年からは毎月1回全社員一斉の全現場清掃を始めています。ぜひ一度、建築現場をご覧ください。

現場安全改善パトロール

毎月1回、社長の石橋が陣頭指揮を取り、各現場を社員と職人と回ります。ここで発見された改善点は、すみせい匠の会の部会で発表され、改善を図ります。

全社員一斉、全現場清掃

全現場を全社員が月に一度、徹底的に清掃します。特に道路や用水路など、普段中々掃除が出来ないところも清掃します。

現場キレイマニュアル

「キレイ」という基準は、人によってバラバラです。そこで、平成25年に「キレイ基準書」を作成しました。この基準を以って現場の美化にあたります。

すみせい匠の会会長 藤井真樹

現場キレイを取り組んで見て

最初は、ここまでやるのか?という思いもありました。しかしながら、社長の想いを聞き、まずはやってみよう!という想いで始めました。5年経った今、現場はキレイになりました。近所の人たちからも「いつもキレイだね。」と言われることが多くなり、誇らしい気分です。また、朝現場に来ると、キレイな現場では、今日もやるぞ!という気持ちになります。職人たちのやる気も変わりますね。でも、現場をキレイにするのって、一人では出来ないんです。そこに入る職人一人一人の心がけが必要です。匠の会のメンバーはその心が養われてきていますね。これは素晴らしいことです。しかしながら、まだまだ改善できるところはたくさんあります。これで満足せずに、もっとキレイな現場を目指したいですね。

家づくりのこだわりについて

▲ PAGE TOP