トップページ   >>  鷲見製材80年の歩み

EOF; ?>

鷲見製材80年の歩み

鷲見製材80年の歩み

鷲見製材は、ふるさと・郡上の森を守り続けます。

ひだまりほーむという名前で住宅事業を始めたのは平成11年(1999年)。まだまだ若い事業部です。しかし、鷲見製材の歴史は80年を超えます。鷲見製材は、その時代に必要とされる製品を地域の木でつくり、地域に活力をもたらしてきました。取り扱うものが時代と共にかわってゆき、住宅を扱う「ひだまりほーむ」になっても、郡上の森を大切に想う心はずっと変わりません。

ひだまりほーむの歴史

鷲見製材の歴史①

鷲見製材3代

ひだまりほーむの母体である、鷲見製材を創業した市右衛門、事業を安定させ経営基盤をしっかりと確立した一己。そしてひだまりほーむを立ち上げた隆夫。鷲見製材を作り上げた三人の歴史を振り返ります。   >> 詳しく見る

鷲見製材の歴史②

郡上の森を守るために

国産材の需要が少なくなり、手入れが行き届かなくなっていく郡上の森。それに伴い減っていく職人。現状を間のあたりにした三代目・隆夫は、地域と木を守りたいという強い想いで活動を広めます。   >> 詳しく見る

鷲見製材の歴史③

ひだまりほーむへ

地域の木を建築用材として売ろうとしても、売り先となる住宅会社が見つからない。郡上の森を守るため、木を生かし、職人の技を生かす“地域循環型”の家づくりをしたい。ひだまりほーむ立ち上げの経緯に迫ります。 >> 詳しく見る

▲ PAGE TOP